まずは無料で!MFクラウドを使ってみる

MFクラウドを使ってみる

開始までの手続き

おすすめのMFクラウドの申し込み手順についてまとめました。

※MFクラウドを使用する事にした理由を知りたい方はこちら↓

経理ってどうするの?クラウド会計ソフトを選ぶ
経理ソフトは何を使うの?MFクラウド・freee。クラウド会計ソフト選びをするには?スタートアップにはおすすめの記事。メリット・デメリットを分かりやすく解説。
READ MORE..

開始までは3ステップ

  1. 個人情報の登録
  2. 連携情報の設定
  3. プランの選択

必要最低限の内容ですぐに始める事ができます。

無料プランで難しいなと思われた方は、freeeなど別の会計ソフトを使うのも可能です。

個人事業主など、無料制限枠内で利用し続けることも可能です。

申込イメージ

個人情報の登録

申請者の個人情報を登録します。ログイン及び認証に必要な情報(*1)を選択します。
*1:メールアカウント、パスワード、申請者の氏名、都道府県

※都道府県情報は、以降の処理で選択肢を更に絞り込む為に設定するようです。

MFクラウド申込時の個人情報の登録

連携情報の設定

最大の特徴である自動仕訳する金融機関やクレジットカード会社、通販サイトなどの関連づけを行います。

自動仕訳を更に便利に、事業用の口座やカードなどを用意しましょう。

後から追加・変更も可能ですので登録なしで進むことも可能です。

MFクラウド申込時の連携情報の設定

プランの選択

分かりやすい3つのプランより選択します。まずは無料プランから始めましょう。
MFクラウド申込時のプランの選択

3ステップですぐに始める事ができます。

※必要最低限の入力だけで完了できるのは魅力です。

申込の後は

申込が完了した後に何をしたらいいかわからない場合には、メイン画面にあるAIサポート窓口にとりあえず質問してみましょう。

下の画面はAIサポートから教えてもらったチュートリアルのサイトのイメージです。
MFクラウド申込完了後のメイン画面
MFクラウドに関するチュートリアル解説図

まとめ

経理処理の固いイメージを払拭してくれるクラウド系会計ソフトはとても扱いやすいです。

トップ画面にもある通り、基本的な経理処理以外のサポートも充実しており、MFクラウドをサポートする税理士の紹介も行っています。

無料紹介サービスでは希望エリアで支援してくれる税理士を紹介してくれます。

実際に税理士紹介サービスを使ってみた体験レポはこちら

MFクラウド【税理士面談】会計事務所に行ってみた
MFクラウドの無料税理士紹介サービス。確定申告や経理処理で悩むあなたに、実際に会ってきた体験レポ。税理士に頼むと実際いくらかかるのかを具体的な金額を聞いてきました!
READ MORE..

Follow me!