PageSpeed Insights 簡単3つの対策【Googleスピードテスト】SEO対策

PageSpeed Insights 簡単3つの対策【Googleスピードテスト】SEO対策

90点も夢じゃない、簡単3つの対策

SEO対策の1つでGoogleスピードテスト対策をします。

60点台のサイトを90点越えした方法をご紹介。

  1. プラグインで画像の最適化
  2. gzipサーバ圧縮設定
  3. キャッシュ(プロキシ・ブラウザ)設定

プラグインで画像の最適化

画像の最適化は効果的な対策です。

作成した画像は、圧縮方法や形式の最適化がされていない場合が多い為、サイズが肥大化しています。
アップロードした画像を最適化して配置することで、表示スピードを上げ離サイト率を下げることができます。

そのような場合におすすめなプラグインは『EWWW Image Optimaizer』です。
おすすめポイント

  • アップロード時に自動最適化
  • 未最適化分も一括置換

画像最適化おすすめプラグインEWWW Image Optimaizer

更新頻度が高くない場合や、画像を更新されない場合は有効化せず、一括置換するのもサーバ負荷が減っていいと思います。

一括最適化の方法

未最適化分の一括最適化方法を解説します。

プラグインの設定より『一括最適化』をクリックします。
画像最適化おすすめプラグインEWWW Image Optimaizerの一括最適化の方法

『最適化されていない画像をスキャンする』をクリックします。
画像最適化おすすめプラグインEWWW Image Optimaizerの画像のスキャン

『最適化を開始』をクリックします。
画像最適化おすすめプラグインEWWW Image Optimaizerの最適化の実行

最適化結果が表示されて一括最適化が完了します。

gzip設定【.htaccessへのコピペ】

gzip圧縮データにしてサーバ送信する設定をします。
最新ブラウザはgzipファイルを解読できるので、サーバから送り出しする事でスピードアップできます。

サーバ側の.htaccessファイルに下記設定をコピペするだけでOKです。

共通設定

ファイル形式など共通の設定項目

# ETags(Configure entity tags) を無視する設定
<ifModule mod_headers.c>
    Header unset ETag
</ifModule>
FileETag None

# Enable Keep-Alive を設定
<IfModule mod_headers.c>
    Header set Connection keep-alive
</IfModule>

# MIME Type 追加
<IfModule mime_module>
    AddType text/cache-manifest .appcache
    AddType image/x-icon .ico
    AddType image/svg+xml .svg
    AddType application/x-font-ttf .ttf
    AddType application/x-font-woff .woff
    AddType application/x-font-woff2 .woff2
    AddType application/x-font-opentype .otf
    AddType application/vnd.ms-fontobject .eot
</IfModule>

Gzip圧縮設定

※古いブラウザでは解読できない為無効化します。
※画像や圧縮済みコンテンツはスルーします。

# Gzip圧縮の設定
<IfModule mod_deflate.c>
    SetOutputFilter DEFLATE

    # 古いブラウザでは無効
    BrowserMatch ^Mozilla/4\.0[678] no-gzip
    BrowserMatch ^Mozilla/4 gzip-only-text/html
    BrowserMatch \bMSIE\s(7|8) !no-gzip !gzip-only-text/html

    # 画像など圧縮済みのコンテンツは再圧縮しない
    SetEnvIfNoCase Request_URI \.(?:gif|jpe?g|png|ico|eot|woff|woff2)$ no-gzip dont-vary

    AddOutputFilterByType DEFLATE text/plain
    AddOutputFilterByType DEFLATE text/html
    AddOutputFilterByType DEFLATE text/xml
    AddOutputFilterByType DEFLATE text/css
    AddOutputFilterByType DEFLATE text/js
    AddOutputFilterByType DEFLATE image/svg+xml
    AddOutputFilterByType DEFLATE application/xml
    AddOutputFilterByType DEFLATE application/xhtml+xml
    AddOutputFilterByType DEFLATE application/rss+xml
    AddOutputFilterByType DEFLATE application/atom_xml
    AddOutputFilterByType DEFLATE application/javascript
    AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-javascript
    AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-httpd-php
    AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font-ttf
    AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font-opentype
</IfModule>

キャッシュ設定【.htaccessへのコピペ】

画像やスクリプトなどキャッシュをする設定をします。

一度サーバより読み込んだファイルを保持し、再利用する事で2回目以降のアクセススピードを向上させます。

ブラウザとプロキシでのキャッシュ設定を行います。
gzip設定同様に、.htaccessファイルに下記設定をコピペします。

プロクシ/ブラウザキャッシュ設定

# プロクシキャッシュの設定(画像とフォントをキャッシュ)
<IfModule mod_headers.c>
    <FilesMatch "\.(ico|jpe?g|png|gif|svg|swf|pdf|ttf|woff|woff2|otf|eot)$">
        Header set Cache-Control "max-age=604800, public"
    </FilesMatch>
    # プロキシサーバーが間違ったコンテンツを配布しないようにする
    Header append Vary Accept-Encoding env=!dont-vary
</IfModule>

# ブラウザキャッシュの設定
<IfModule mod_headers.c>
<ifModule mod_expires.c>
    ExpiresActive On

    # キャッシュ初期化(1秒に設定)
    ExpiresDefault "access plus 1 seconds"

    # MIME Type ごとの設定
    ExpiresByType text/css "access plus 1 weeks"
    ExpiresByType text/js "access plus 1 weeks"
    ExpiresByType text/javascript "access plus 1 weeks"
    ExpiresByType image/gif "access plus 1 weeks"
    ExpiresByType image/jpeg "access plus 1 weeks"
    ExpiresByType image/png "access plus 1 weeks"
    ExpiresByType image/svg+xml "access plus 1 year"
    ExpiresByType application/pdf "access plus 1 weeks"
    ExpiresByType application/javascript "access plus 1 weeks"
    ExpiresByType application/x-javascript "access plus 1 weeks"
    ExpiresByType application/x-shockwave-flash "access plus 1 weeks"
    ExpiresByType application/x-font-ttf "access plus 1 year"
    ExpiresByType application/x-font-woff "access plus 1 year"
    ExpiresByType application/x-font-woff2 "access plus 1 year"
    ExpiresByType application/x-font-opentype "access plus 1 year"
    ExpiresByType application/vnd.ms-fontobject "access plus 1 year"
</IfModule>
</IfModule>

まとめ

プラグインと.htaccessのファイル設定だけで劇的にスピードテストをクリアすることができます。

最低限の設定ですので、皆さんもぜひ挑戦してみてください。

Follow me!