スポンサーリンク
ブログ

『ブルーリターンA』確定申告書の作り方ー青色申告会おすすめ

『ブルーリターンA』確定申告書の作り方ー青色申告会おすすめ
千ちゃん
千ちゃん
ブルーリターンAだけど、確定申告書の作り方ってどうするの?
シンさん
シンさん
実際に青色申告会に聞いてきた内容を紹介するね!

大垣青色申告会へ行って具体的に私の今年度分の確定申告書の作り方を聞いてきました。

確定申告書の作り方

大垣青色申告会に入会して、ブルーリターンを使う事にしました。
その確定申告書=「所得税」申告の方法を解説します!

今年の確定申告分の範囲
  • 給与所得など収入・所得を入力する
  • 保険料などの控除明細を入力する
  • 配偶者などの扶養控除明細を入力する
  • 住宅ローン控除を入力する
『ブルーリターンA』の使い方:初期設定ー青色申告会おすすめ ブルーリターンAの使い方、使用科目や開始残高について解説します! ブルーリターンAの初期設定 青色申告会おすすめの会...

確定申告って?

医療控除や、初年度住宅ローン控除申請に行かれた方もみえると思います。
会社員であれば、月々引かれている税金以外に控除があれば申請するものですが、そもそも確定申告の定義とは?

引用:【初心者必見!】そもそも確定申告とは?年末調整との違いについて : freee

ブルリターンAの機能

青色申告会おすすめのブルリターンAでも、会社員の頃の年末調整と同様に各種控除を入力することができます。
ブルリターンAメイン画面の『所得税』メニューより、確定申告書の作成画面に移動します。
※今年は分離課税や損失申告がない為、申告書Bの第1,2表のみ作成します。

『ブルーリターンA』確定申告書の作り方ー青色申告会おすすめ-ブルーリターンAメイン画面

収入・所得を入力する

一年間の収入・所得を入力します。
事業主に1年目は、会社員の頃の給与所得や、年配の方は年金収入、不動産や株の収入など各種収入額を入力します。

画面上の『収入・所得』ボタンをクリックします。
※『所得控除』ボタンは次項の控除明細入力に使用します。
『ブルーリターンA』確定申告書の作り方ー青色申告会おすすめ-ブルーリターンA確定申告書画面

給与所得を入力する

「給与」欄に、給与源泉徴収票の支払者名を入力します。
「収入金額」欄に、支払金額を入力します。
『ブルーリターンA』確定申告書の作り方ー青色申告会おすすめ-ブルーリターンA確定申告書画面

※2社以上から給与所得のある場合には、【〇〇会社他1件】などと記入し金額は合算します。
※収入が事業所得だけの場合では、使用しません。

源泉徴収税額がある場合

源泉徴収票に、「支払い金額」「源泉徴収額」しか記入がない場合は、ブルーリターン側で計算させる必要があるので第2表の詳細画面にて、源泉徴収額を入力します。
『ブルーリターンA』確定申告書の作り方ー青色申告会おすすめ-確定申告書第2表へ

〇所得の内訳欄をクリックして、入力画面を表示し、『源泉徴収税額』を記入します。
『ブルーリターンA』確定申告書の作り方ー青色申告会おすすめ-ブルーリターンA源泉徴収税額

※2社以上の場合には、合算値を入力します。

控除額の入力ついて

次に各種控除額の入力を行います。

今回聞いてきた主な控除項目
  1. 社会保険料控除
  2. 小規模企業共済掛金控除
  3. 生命保険料控除

社会保険料・小規模企業共済掛金控除

フリーランスは国民年金+保険(国保 or 健保任意継続)になります。
※社会保険料控除は、会社員=健保組合で同一申告になります。
『ブルーリターンA』確定申告書の作り方ー青色申告会おすすめ-ブルーリターンA社会保険料・小規模企業共済掛金控除

社会保険料

給与所得の場合で、すでに社会保険料をひかれている場合には入力します。

※2社で支払いのある場合には合算します。

源泉徴収票の『社会保険料等の金額』に記入されている金額です。

国民年金

世帯内の成人分の支払いが発生する為、支払人数分と合算値を入力します。
※配偶者などが勤め先で年末調整などの申告済の場合には、入力しません。

小規模企業共済掛金

「掛け金の種類」をクリックすると区分リストが表示されます。
小規模共済及びiDeCoは下の項目を選び、控除額を入力します。

  • 小規模企業共済:「中小企業基盤整備機構の共済契約の掛け金」
  • iDeCo:「個人型年金加入者掛金」

その他

私の場合、年金暮らしの母の別払い国民健康保険も合算可能。
母は確定申告しないので、一緒に合算できます。
※ただし、年金の支給に合わせて事前引落しの場合には不可能のようです。

生命保険料控除

年末調整でもおなじみの生命保険料控除を入力します。
※下記3つのそれぞれの控除額上限があり、最終合算額は12万円が上限になっています。

  • 生命保険料:新旧合わせて最大5万円
  • 年金保険料:新旧合わせて最大5万円
  • 介護保険料:新旧合わせて最大4万円
『ブルーリターンA』確定申告書の作り方ー青色申告会おすすめ-ブルーリターンA生命保険料控除

地震保険料

持ち家や賃貸でも一部の保険にはあるようですが地震保険料控除を入力します。

『ブルーリターンA』確定申告書の作り方ー青色申告会おすすめ-ブルーリターンA地震保険料控除

※2口以上ある場合には合算します。

扶養控除の入力ついて

扶養控除について記入します。
画面下の「所得から引かれる金額(2面)」にて入力します。

『ブルーリターンA』確定申告書の作り方ー青色申告会おすすめ-ブルーリターンA扶養控除入力画面

配偶者控除

配偶者が扶養内の場合に申告できる控除です。
合計所得金額を計算して入力します。

150万以下の場合には37万円を入力します。

※配偶者控除(150万円以下)/配偶者特別控除(150万~201万まで段階的)

扶養控除

配偶者以外の扶養者を入力します。
※私の場合には子2名/母親1名の入力をします。

子供の分は市県民税に反映されるので入力しておきます。

住宅ローン控除の入力ついて

今回は最後に住宅ローン控除の入力をしました。
申請書に基づいて計算した『(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算の基礎となる借入金等の年末残高』を入力します。
※2年目以降の『住宅借入金等特別控除申告書』に従って、計算をします。

『ブルーリターンA』確定申告書の作り方ー青色申告会おすすめ-ブルーリターンA住宅ローン控除
計算方法の仕方はこちらのサイトが詳しいです。

まとめ

青色申告会のブルーリターンAは本当に使用する機能のみのパッケージで使いやすいです。

又申告会では事前予約をしておくと、1つ1つ丁寧に画面と書類を見て対応してもらえます。

今回、事業初年度でサラリーマン時代の給与所得や退職金の扱い、又事業に関する確定申告や記帳などさまざまな質問に丁寧に答えてもらえました。

確定申告前に申込も含めて2・3回の時間を取ることができると、安心して手続きをすることができます。

費用を抑えて丁寧な対応をしてくれる青色申告会はおすすめです!

追記:
(11/23)扶養控除に関する内容を追記