スポンサーリンク
ブログ

『ブルーリターンA』の使い方:初期設定ー青色申告会おすすめ

『ブルーリターンA』の使い方:初期設定ー青色申告会おすすめ
千ちゃん
千ちゃん
ブルーリターンAを使う事にしたんだけど、初期設定はどうするの?
シンさん
シンさん
いくつかの設定項目があるから順番に説明していくね!

ブルーリターンAの使い方、使用科目や開始残高について解説します!

ブルーリターンAの初期設定

青色申告会おすすめの会計ソフト『ブルーリターンA』。

今回はブルリターンAの初期設定について解説します!
初期設定で行う設定は3つです。

初期設定項目
  • 事業情報設定
  • 勘定科目設定
  • 開始残高設定
『ブルーリターンA』確定申告書の作り方ー青色申告会おすすめ 大垣青色申告会へ行って具体的に私の今年度分の確定申告書の作り方を聞いてきました。 確定申告書の作り方 大垣青色申告会...

設定の仕方

ブルーリターンAでは、メイン画面左下の初期設定コンボボックスより、設定するいずれかのメニューをクリックします。
※基本的に初期設定項目は、こちらのコンボボックスからすべて設定できます。

『ブルーリターンA』の使い方:初期設定ー青色申告会おすすめ-事業情報設定

事業情報設定

ブルリターンAを使用する事業内容の設定です。
事業主名・屋号・会員番号・消費税の申告の有無を設定します。

『ブルーリターンA』の使い方:初期設定ー青色申告会おすすめ-事業情報設定

消費税申告は「課税売上高」が1000万円を超えた場合、2年後に消費税申告を行う必要があります。
1年目:1050万/2年目:989万/3年目:1200万の場合、3年目と5年目に消費税を支払う必要があります。

勘定科目設定

事業で使用する勘定科目を設定します。

大垣青色申告会では、設定科目が一番多い業種としてインストールしますので、不足している科目をチェックし入力できるようにします。

『ブルーリターンA』の使い方:初期設定ー青色申告会おすすめ-勘定科目設定

開始残高設定

事業開始の時点での、残高を入力します。

通常事業開始時では、支払いが優先になるため、持ち出しからスタートすると思います。

その際に手持ち分を入力する事で実際の状況を反映します

現金入力

現金の開始残高を入力します。

『ブルーリターンA』の使い方:初期設定ー青色申告会おすすめ-開始残高設定-現金入力

預金入力

事業開始時点で事業用口座が存在していた場合には、預金開始残高を入力します。

開始後に通帳を作られた場合は、開始残高を入力しません。

事業用口座がなく、個人口座預金からの支払いの場合には『事業主借』科目にて処理します。

元入金入力

現金及び預金の逆仕訳として、元入金に合計金額を入力します。

複式簿記の決まりとして貸方・借方の金額が一致する必要があります。

※おまじないとして入力するとして覚えておきましょう。

『ブルーリターンA』の使い方:初期設定ー青色申告会おすすめ-元入金入力

まとめ

事業開始から事業用口座がない場合があります。

個人用口座を利用している場合には、「事業主借」「事業主貸」の科目にて処理することになります。

シンプルでわかりやすいブルーリターンA。

起業したてで経費を抑え、経理処理をするには「青色申告会」+「ブルーリターンA」が最強です!

できるだけ早い段階で事業用口座に集約することで、税務調査時の別口座調査への波及を防ぐことができます。