節税対策!フリーランスの味方【iDeCo-個人型確定拠出年金】を申し込んでみた

節税対策!フリーランスの味方【iDeCo-個人型確定拠出年金】を申し込んでみた

この記事はフリーランスになったけど節税対策ってどうしたらいいの?加入後に節税対策になる【iDeCo-個人型確定拠出年金】の体験レポです。

申告や控除とならんで全額経費算入できるiDeCo-個人型確定拠出年金はおすすめ!

iDeCo-個人型確定拠出年金って?

小規模企業共済は、個人事業主向けの退職金共済制度です。

名加入者が毎月一定の金額を積み立て(掛金を拠出する)、用意された定期預金・保険・投資信託といった金融商品で運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取ります。

メリット

iDeCoのメリットは3つ

  • 積立金額が全部「所得控除」の対象になり、所得税・住民税が節税可能
  • 運用で得た定期預金利息や投資信託運用益が「非課税」
  • 受け取るとき「公的年金等控除」「退職所得控除」の対象

職業別の掛け金の上限

iDeCoは職業により掛け金(下記表を参照)が異なります。
最低月額5,000円~1,000円単位で増やすことが可能。

職業 掛け金
公務員 12,000円
会社員(企業年金あり) 12,000円/20,000円
会社員(企業年金あり) 12,000円/20,000円
専業主婦(夫) 23,000円
自営業 68,000円
※1 企業年金の種類によって異なります。診断はこちらがオススメ。
※2 国民年金基金と付加保険料の合算値:6万8000円が限度。
※2 国民年金が未納の月は掛金を納めることはできない。

注意点

開始前に覚えておくといいポイント

  1. 掛金拠出の休止・再開はいつでも可能
  2. 納付方法は、ご本人口座から引落or給与天引きのいずれか
  3. 残高不足の場合、その月は未納となる(追納は不可)
  4. 掛金の変更は、毎年1月~12月(引落しベース)までの間に1回のみ

お金をもらうには?

60才以降に一括もしくは分割で受け取ることが可能。

※もし60才以前に高度の障害になった場合(死亡の場合には遺族)が60才前に需給することが可能です。

通算加入者等期間 受給開始年齢
10年以上 満60歳
8年以上10年未満 満61歳
6年以上8年未満 満62歳
4年以上6年未満 満63歳
2年以上4年未満 満64歳
1ヶ月以上2年未満 満65歳

申請方法

申請方法は手順としては3ステップです。

  1. 金融機関を選ぶ
  2. 積立金額を決める
  3. 運用商品を決める

金融機関の申請書を取り寄せます

既にSBIのNISA口座を保有していたのでSBI証券にて運用することにしました。
SBI証券のiDeCoページから必要事項を入力して、資料請求をします。

しばらくして申請書類が到着します。
節税対策!フリーランスの味方【iDeCo-個人型確定拠出年金】を申し込んでみた―SBI証券の申込書

手順の流れを確認しておきます。
節税対策!フリーランスの味方【iDeCo-個人型確定拠出年金】を申し込んでみた―SBI証券の申込書

積立金額を決めます

申請書類に金額を記入できるので、書類を作成し発送します。

  1. 提出用書類を作成します
  2. 本人確認書類を作成します(コピーを貼り付けます)
  3. 返信用封筒に入れてポストに投函します

提出用書類を作成

書類中央部分に掛け金を記入できます。
節税対策!フリーランスの味方【iDeCo-個人型確定拠出年金】を申し込んでみた―SBI証券のSTEP2

本人確認書類を作成

節税対策!フリーランスの味方【iDeCo-個人型確定拠出年金】を申し込んでみた―SBI証券のSTEP2

ポストに投函

節税対策!フリーランスの味方【iDeCo-個人型確定拠出年金】を申し込んでみた―SBI証券の申請書の投函

注意点

しばらくすると引落し口座からの確認があります。
私の場合は、既に保有していたSBIネット口座での引落しだったので、確認手順がありました。
通知後14日までに確認をする必要があります。

確認手順が遅くなるとキャンセル扱いになるケースもあるようですので、同時申込でない場合には気を付けて下さい。

運用商品を決めます

金融口座を確定後、通知書が届きます。

  1. 個人型年金加入確認通知書
  2. ID及びパスワードのお知らせ
  3. 各種説明書

通知書が届きます

個人型年金加入確認通知書
節税対策!フリーランスの味方【iDeCo-個人型確定拠出年金】を申し込んでみた―SBI証券の個人型年金加入確認通知書

各種説明書
節税対策!フリーランスの味方【iDeCo-個人型確定拠出年金】を申し込んでみた―SBI証券の各種説明書

ID及びパスワードのお知らせ
節税対策!フリーランスの味方【iDeCo-個人型確定拠出年金】を申し込んでみた―SBI証券のID及びパスワードのお知らせ

サイトへログインして商品を選ぶ

「ID及びパスワードのお知らせ」記載のサイトへログインして商品を決めます。

節税対策!フリーランスの味方【iDeCo-個人型確定拠出年金】を申し込んでみた―ログインサイト

運用商品を決めない場合、一定期間を過ぎると証券会社側の設定で運用が開始されるので注意しましょう

選択した商品

オススメサイトを見比べて、まず商品を選択しました。
運用実績を見ながら今後調整していきたいと思います。

  1. 【10%】SBI中小型割安成長株ファンドジェイリバイブ<DC年金>
  2. 【30%】EXE-I 先進国株式ファンド
  3. 【30%】iFree NYダウ・インデックス
  4. 【30%】ひふみ年金

節税対策!フリーランスの味方【iDeCo-個人型確定拠出年金】を申し込んでみた―選択した商品

まとめ

フリーランスの節税対策にはぜひ【iDeCo】を申込みましょう。

申込から運用設定までの間に、ある程度のタイムラグが発生します。

時間が過ぎてついつい忘れがちになりますが、運用設定を忘れることなくやりきりましょう。

同じように経費参入可能な「経営セーフティ共済」や「iDeCo」なども合わせて利用できると更に節税対策が可能です。

「iDeCo」は運用を開始始めましたので、今後別記事で実績など紹介していきたいと思います!

Follow me!