スポンサーリンク
技術情報

さくらレンタルサーバ・WordPressサイトのSSL化、手順は4ステップ。

WordPressサイトの常時SSL化

移行の手順

さくらレンタルサーバの常時SSL化方法を解説します。

移行の手順
  1. SSL証明書の発行
  2. WordPressの一般設定の変更
  3. サイト内リンク先の置換
  4. .htaddressファイルの修正

SSL証明書の発行

さくらレンタルサーバで提供している無料SSLサーバー証明書 Let’s Encryptを使用します。
※今回には既に別サイトで申込をしているので、確認画面はありません。

サーバコントロールパネル操作手順

『サーバコントロールパネル』―『ドメイン/SSL設定』をクリック
ドメイン一覧から変更するドメインの『変更』をクリック
『4.SSLの利用をお選び下さい』-『SNI-SSLを利用する』―『送信』をクリック

さくらレンタルサーバのサーバコントロールパネル操作手順
数分~数十分するとDNS情報の変更が完了します。

WordPressの一般情報の変更

WordPressダッシュボードより『設定』-『一般』メニューをクリック

『WordPressアドレス』と『サイトのアドレス』をhttps://に変更します。
WordPressの一般情報の変更

 

サイト内リンク先の置換

指定ドメインの投稿に関するリンクを修正します。

Search Regexプラグインの使用方法

プラグインにて「Search Regex」をインストールし有効化します。
WordPressダッシュボードより『ツール』-『Search Regex』メニューをクリック

※該当データが存在した場合には結果表示されます。慎重に行ってください。

サイト内リンク先の置換「Search Regex」のイメージ
サイト内リンク先の置換「Search Regex」の検索結果

 

.htaddressファイルの修正

ここまでの設定では、http/https共に閲覧できるようになっています。強制的にリダイレクトを行う設定をしましょう。

ドメインのサイトにある『.htaccess』ファイルに下記キーワードを先頭に追加します。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://<ドメイン名>/$1 [R=301,L]

※<ドメイン名>は使用されるドメイン名に置換して下さい
以上の手順でシンプルなサイトの場合は完了します。

 

まとめ

SSLサイトはGoogle検索条件でが優先順位が高くなり、重要視されるようになっています。無料証明書も有効期限の継続が簡易的で、上位の証明書も安価で入手できるなどハードルも下がっています。

一度挑戦した時、表示がうまくいかず悩みました。

作業前にはバックアップして、十分な準備をして行って下さい。

さくらインターネットではバックアップ・ステージングサーバを利用できます。活用して進めてみてはいかがでしょうか。