Scratch3.0【スクラッチ】マインクラフトを動かしてみた

Scratch3.0【スクラッチ】マインクラフトを動かしてみた

この記事は、Scratch3.0でどんなことができるの?という疑問にサンプルで答えます。

Scratch3.0改を使って、マインクラフトを動かしてみました

紹介する動画

Scratch3.0のサンプルとして、マイクラ操作のプログラミング環境を作ってみました。

Scratch3.0って何?

マサチューセッツ工科大学(MIT)にあるメディアラボが開発した、ビジュアルプログラミング環境です。レゴのような部品を組み合わせることで簡単にプログラミングを学ぶ事ができます。

Scratch2.0では使えたマイクラがScratch3.0では標準で使えないようで、設定と開発サイト(Scratch3.0改)から操作する必要があります。

Scratch3.0改

Scratch3.0改って何?

マナビバ塾長の松下誠司さんが作られているScratch3.0で動かすのできる環境のことです。

スクラッチ3.0で始めるマインクラフトのプログラミング
マナビバ塾サイトより

Scratch2.0で使用できたマイクラをScratch3.0でも利用できるように、リリースに合わせて開発し、Scratch3.0リリース6時間後には無料公開されたサイトです。

紹介動画

動作環境

Windows 10
MineCraft Java版
Forge1.12.2
Java 8

環境の作り方

必要なものとインストール・設定概要

  • マインクラフトJava版の購入
  • Forge1.12.2のインストールと設定
  • Java8のインストール
  • Raspberry Jam MOD のインストール

マインクラフトJava版の購入とインストール

マインクラフトJava版の購入をします。
金額は3,000円(税別)です。

まずは無料版にて動作確認後の購入をおすすめします。

  1. MOJANGアカウントの作成
  2. 無料版にて動作確認
  3. クレジットカードorプリペイドカードで購入
  4. 購入版をダウンロード・インストール

詳しくはこちらのサイト:
マインクラフトPC版のダウンロード方法!値段と購入方法を解説!
ブログ「ひなたんち」より

※Java版でないと拡張機能であるMODを使用する事ができませんのでご注意下さい。
※無料版は100時間までは利用できるようです。

Forge1.12.2のインストールと設定

Forgeをインストールして設定します。

Forge公式サイト

Forge(フォージ)とは
マインクラフトの機能拡張版です。
マインクラフトにForgeをインストールすると、MOD(モッド)を使えるようになります。

  1. Forge1.12.2をダウンロードする
  2. ダウンロードファイルを起動する
  3. Forge用のプロファイルを作る
  4. プロファイルの内容を変更する
  5. 作成したプロファイルで起動する

詳しくはこちらのサイト:
PC 版 Minecraft に MOD を導入する方法 【Forge 1.12.2 版リリース済み】
ブログ「NJ-CLUCKER」より

※マイクラのバージョンと同じForgeが必要です。
※マイクラのアップデート後Forgeも手動でアップデートします。

Java8のインストール

Java8はForgeのインストール時にセットアップされていない場合に通知がきます。

Raspberry Jam MOD のインストール

Raspberry Jam MODをインストールして設定します。

MOD入手先
https://github.com/arpruss/raspberryjammod/releases

Raspberry Jam MOD(フォージ)とは
マインクラフトが他のアプリからの命令を受け取れるようにする拡張機能です。

  1. Raspberry Jam MODの入手とインストール
  2. ダウンロードファイルを起動する
  3. ゲームディレクトリにコピーする

■ゲームディレクトリ
C:\minecraft\hero_taro

■MODディレクトリ
C:\minecraft\hero_taro\mods

詳しくはこちらのサイト:

PC 版 Minecraft に MOD を導入する方法 【Forge 1.12.2 版リリース済み】

ブログ「NJ-CLUCKER」より

※プロファイルは一度ゲームしないとできないので、プロファイル作成をしたらゲームしましょう。

まとめ

2020年より教育義務化を控えて、Scratch3.0でのプログラミングは必須条件となりそうです。

わかりやすいインターフェースと、拡張しやすいプラグインなどをそろえ、今度ますます需要があがってくるのではないかと思います。

ぜひHPを参考に、Scratch3.0でのプログラミングに活用頂きたいと思います。

各プロジェクトに関する機能は別記事での記載を予定しています。

今後もScratchに関わる記事を記載していきます。

Follow me!