スポンサーリンク
子供向けプログラミング

【課題1】アドベンチャーゲームを作ろう<1回目>

【課題01】アドベンチャーゲームを作ろう
千ちゃん
千ちゃん
SPプログラミング教室のステップアップ教室の課題作品について紹介してくれるのね。
シンさん
シンさん
5ステップに分けてアドベンチャーゲームを作ってプログラミングしていくよ

本課題では、5ステップに分けてアドベンチャーゲームの作品を作り、アレンジしていきます。

アドベンチャーゲーム

今回の課題はScratch3.0を使って、アドベンチャーゲームを作ります。

千ちゃん
千ちゃん
アドベンチャーゲームってなにかしら?
シンさん
シンさん
スーパーマリオのようなスクロールして遊ぶゲームだよ!
シンさん
シンさん
5回のステップに分けて、みんなで作っていこう♪
アドベンチャーゲームの作成手順
  1. 【→いまここ】ゲームのステージをつくろう
  2. キャラクターに動き(うごき)をつけよう
  3. ゲームオーバー/クリアをつけよう
  4. パワーアップきのこをつけよう
  5. BGM音楽(おんがく)をつけよう

第1回解説動画

課題の構成

今回のアドベンチャーゲームは、ゲームキャラクターがステージを移動し、右へスクロールしながら右端のゴールを目指すゲームです。

シンさん
シンさん
まずはどうやって作るのか、使う材料を紹介するよ!
構成要素
  • (スプライト)ゲームキャラクター
  • (スプライト)ステージ
  • (背景)ゲーム中
千ちゃん
千ちゃん
キャラクターとステージと背景の3つでできるの?
シンさん
シンさん
今回はステージを動かしてゲームが進んでるように見せるんだ!
【課題01】アドベンチャーゲームを作ろう―全体イメージ

コーディング

Scratch3.0では、基本的に各アイテム(スプライト・背景)毎にプログラミングをしていきます。

シンさん
シンさん
プログラムのコードは材料ごとにブロックをならべていこう!

キャラクターに関する動きは、キャラクターのスプライトにコードを書きます。
特にキャラクターに関係しないものは背景にコードを書きます。

※第1回は1つの背景なので、コードを書きません。

ゲームキャラクター

アドベンチャーゲームでのゲームキャラクターの動きをコードします。
大きく分けて2つの構成で作ります。

基本動作(ステージに合わせて位置を変える)
スペースキーでジャンプする

基本動作(ステージに合わせて位置を変える)

【課題01】アドベンチャーゲームを作ろう―ゲームキャラクターコード1

ゲームスタート直後に、キャラクターの大きさを小さくします。
サイズは選んだキャラクターの相応しいサイズを選んでみましょう。

ゲームは左から右へ進みます。キャラクターの初めの位置を決めます。
サンプルでは、x座標:-181でy座標:-1で設定されています。
※この位置は、作ったステージにより微調整します。

次に作成したステージの島でキャラクターのy座標の位置を移動させます。

島の色でない:空を飛んでいるのでy座標をマイナスして下に落ちます
島の色である:島に埋もれているのでy座標をプラスして島の上まで移動させます

スペースキーでジャンプする

【課題01】アドベンチャーゲームを作ろう―ゲームキャラクターコード2

ゲームキャラクターがジャンプできるように、スペースキーが押されたらy座標を80プラスします。
y座標をプラスすることで位置が上に移動します。
80プラスされたキャラクターは島から離れるので、上の処理で徐々に落ちていきます。

ステージ

アドベンチャーゲームでのステージの動きをコードします。

今回のゲームでは、キャラクターを動かすのではなくステージを動かす事でキャラクターが動いているように見せます。

【課題01】アドベンチャーゲームを作ろう―ステージ概念図

「小さい」コスチュームは10倍に拡大する為のおまじないです。

ステージを表示する

【課題01】アドベンチャーゲームを作ろう―ステージコード

上の3つのブロックは10倍にするおまじないとして覚えましょう。
1000%にすることで10倍にしたステージを右に移動し、左端が画面にみえるようにします。
ステージ画面を-5ずつ左に移動させ、右端まで座標が動いたら終了にします。

まとめ

第1回目はアドベンチャーゲームの基本となるコードです。

Scratchはアイディアしだいで少しのコードでも、楽しい作品を作ることができます。

まずはScratchの特徴を楽しく学習して、今後のアレンジに生かしていきましょう。

ぜひご家庭でも「どうやってやってるの?」という形でお子さんに質問して頂くことで、復習をかねて自己表現できる場所が増えると思います。

次回は第2回目のコードを紹介いたします。