スポンサーリンク
子供向けプログラミング

【課題1】アドベンチャーゲームを作ろう<2回目>

【課題1】アドベンチャーゲームを作ろう<2回目>
千ちゃん
千ちゃん
SPプログラミング教室のステップアップ教室の課題作品について紹介してくれるのね。
シンさん
シンさん
5ステップに分けてアドベンチャーゲームを作ってプログラミングしていくよ

本課題では、5ステップに分けてアドベンチャーゲームの作品を作り、アレンジしていきます。

アドベンチャーゲーム

今回の課題はScratch3.0を使って、アドベンチャーゲームを作ります。

千ちゃん
千ちゃん
ステージはできたけど今回はなにをするの?
シンさん
シンさん
今回はキャラクターに動きをつけていくよ!
アドベンチャーゲームの作成手順
  1. ゲームのステージをつくろう
  2. 【→いまここ】キャラクターに動き(うごき)をつけよう
  3. ゲームオーバー/クリアをつけよう
  4. パワーアップきのこをつけよう
  5. BGM音楽(おんがく)をつけよう

第2回解説動画

2回目のポイント

2回目のポイントは、ゲームキャラクターの動きについてコーディングしていきます。

  • 矢印キーで操作する
  • 動いているようにコスチュームを変更する
【課題01】アドベンチャーゲームを作ろう―全体イメージ

コーディング

Scratch3.0では、基本的に各アイテム(スプライト・背景)毎にプログラミングをしていきます。

シンさん
シンさん
メインキャラクターのコードに追加して動きをつけるよ!

課題に関するコードを見ていきましょう。
※第2回目は1つの背景なので、背景にはコードを書きません。

ゲームキャラクター

アドベンチャーゲームでのゲームキャラクターの動きをコードします。

  • 矢印キーで操作する
  • 動いているようにコスチュームを変更する

矢印キーで操作する

【課題1】アドベンチャーゲームを作ろう<2回目>-ゲームキャラクターコード1

1回目で「スペースキーが押されたとき」にy座標を変更してジャンプするプログラミングをしました。
同様にして矢印キーで前後へ動く操作ができるようにします。

  • 右に動く:「x座標を 5 ずつ変える」
  • 左に動く:「x座標を -5 ずつ変える」

動いているようにコスチュームを変更する

【課題1】アドベンチャーゲームを作ろう<2回目>-ゲームキャラクターコード2

キャラクターのスプライトがうごく事ができるようになったので、見た目も変えてみましょう。

スクラッチに初めからあるスプライトは、いくつかのコスチュームを持っています。
サンプルのネコのスプライトは足を動かしているコスチューム「絵」が2つあります。

このコスチュームを交互に表示する事で、動いているように見せることができます。
見た目の「次のコスチュームを表示する」を配置して、動かしてみましょう。

動かしてみるとすごく早く動くので、「〇〇秒まつ」というコードを追加して、どのくらいの数にするのがいいか試してみましょう。

まとめ

第2回目はアドベンチャーゲームのキャラクタースプライトの動きを表現するコードです。

Scratchでスプライトを動かすにはどうしたらいいか、今後のアレンジに生かしていきましょう。

ぜひご家庭でも「どうやってやってるの?」という形でお子さんに質問して頂くことで、復習をかねて自己表現できる場所が増えると思います。

次回は第3回目のコードを紹介いたします。