スポンサーリンク
子供向けプログラミング

【課題1】アドベンチャーゲームを作ろう<3回目>

【課題1】アドベンチャーゲームを作ろう<3回目>
千ちゃん
千ちゃん
SPプログラミング教室のステップアップ教室の課題作品について紹介してくれるのね。
シンさん
シンさん
5ステップに分けてアドベンチャーゲームを作ってプログラミングしていくよ

本課題では、5ステップに分けてアドベンチャーゲームの作品を作り、アレンジしていきます。

アドベンチャーゲーム

今回の課題はScratch3.0を使って、アドベンチャーゲームを作ります。

千ちゃん
千ちゃん
キャラクターは動くようになったね。今回はなにをするの?
シンさん
シンさん
ゲームオーバーとクリア部分を作っていくよ!
アドベンチャーゲームの作成手順
  1. ゲームのステージをつくろう
  2. キャラクターに動き(うごき)をつけよう
  3. 【→いまここ】ゲームオーバー/クリアをつけよう
  4. パワーアップきのこをつけよう
  5. BGM音楽(おんがく)をつけよう

第3回解説動画

3回目のポイント

3回目のポイントは、ゲームオーバー/クリアの背景の変化についてコーディングしていきます。

  • ゲームオーバー・クリアの背景をつくる
  • キャラクターの動きの判定をする
【課題1】アドベンチャーゲームを作ろう<3回目>―全体イメージ

使い方

Scratch3.0での使い方を紹介します。

シンさん
シンさん
はじめにScratch3.0で使う背景とメッセージ機能について説明するね!
  • 背景(はいけい)の書き方
  • メッセージについて

背景(はいけい)のかき方

今回アドベンチャーゲームでゲームオーバー・クリアの背景(はいけい)を追加します。
ゲームオーバー・クリアのそれぞれの背景を作成します。

背景(はいけい)の書き方手順
  1. 背景は、スプライトの右側にならんでいる部分をクリック
  2. 左下のアイコンから「描く」メニューをクリック
  3. 「□」のアイコンをクリックして四角を作ります
【課題1】アドベンチャーゲームを作ろう<3回目>―背景の書き方

「T」マークは文字ツール。入力した文字が描けます。

メッセージについて

今回アドベンチャーゲームでは、メッセージをつかって、キャラクターの動きに合わせて別のプログラムを行います。

千ちゃん
千ちゃん
メッセージはよくわからないわ?
シンさん
シンさん
別のスプライトや背景にお知らせすることだよ。ちょうどこうやって会話するのと同じだね。
【課題1】アドベンチャーゲームを作ろう<3回目>―メッセージについて

背景(はいけい)コードでは、そのメッセージを受けとった場合に、それぞれの背景(はいけい)に切りかえます。
課題に関するコードを見ていきましょう。

コーディング

Scratch3.0では、基本的に各アイテム(スプライト・背景)毎にプログラミングをしていきます。

シンさん
シンさん
まずはゲームオーバーとクリア背景を作ってみよう

背景(はいけい)

今回は、2つの背景(あたらしく)を作ります。
※一番はじめの背景(はいけい)はゲーム中の背景(はいけい)になるので青色で塗りつぶしましょう。

  • ゲームオーバー背景
  • ゲームクリア背景
【課題1】アドベンチャーゲームを作ろう<3回目>―追加する背景

メッセージを受けとって背景を変える

次に作った背景(はいけい)にコードを書きます。

【課題1】アドベンチャーゲームを作ろう<3回目>-メッセージを受けとって背景を変える

イベントから「〇〇をうけとったとき」で、それぞれのメッセージをうけとった時をおきます。
下のリストのようにゲームオーバー・クリアのメッセージを作ります。

それぞれのメッセージの場合の背景(はいけい)になるように、変更します。

  • メッセージ1:ゲームオーバーのメッセージ
  • メッセージ2:ゲームクリアのメッセージ

キャラクター

アドベンチャーゲームのキャラクターのコードを書きます。
キャラクターのスプライトが、ステージの色にふれた場合にメッセージを送ります。

  • 赤色(マグマ)にふれた:メッセージ1(ゲームオーバー)を送る
  • 灰色(おしろ)にふれた:メッセージ2(ゲームクリア)を送る

ふれた色を判断してメッセージを送ろう

【課題1】アドベンチャーゲームを作ろう<3回目>-メッセージを受けとって背景を変える

1回目で、島にいるか判断と同じで「もし〇〇なら〇〇する」をおきます。
【調べる】から「〇〇色にふれた」を、その条件におきます。
〇〇するの部分に、それぞれの「メッセージをおくる」をおきます。

分かりやすく背景(はいけい)から作りましたが、先にキャラクターのコードから作っても同じようになります。

まとめ

第3回目はアドベンチャーゲームのゲームオーバー・クリアのコードです。

メッセージを送るを使ってタイミングをおしえることを、今後のアレンジに生かしていきましょう。

ぜひご家庭でも「どうやってやってるの?」という形でお子さんに質問して頂くことで、復習をかねて自己表現できる場所が増えると思います。

次回は第4回目のコードを紹介いたします。